忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アメリカのyahoo!が年内に韓国事業から撤退するそうですね。韓国にはNAVERがありますからね・・・。アメリカyahoo!が韓国に参入したのは2007年ですから、15年は韓国で奮闘したということですね^^。結構長い間いたことは意外でした・・・。NAVERがいるのにyahoo!は頑張っていたということですね。米yahoo!も色々と動いているようですし、マリッサさんも今色々と動いているようですし、yahoo!も色々と忙しいのかもしれない。韓国でのyahoo!koreaのシェアはわずか1.5%だそうです・・・。思っていたより少なくてびっくりしましたよ(汗)。シェア一ケタになったら確かに撤退した方がいいかも・・・。

ブログ SEO対策
検索上位表示

地盤沈降が進むリアル店舗。地盤隆起のWeb店舗。中資本企業もSEO参戦
被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる
短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要

トップページURLのみに被リンク集中ではサイト全体の検索経由アクセス数は年々減る。リンクジュース
コンテンツからの発リンクはNO(nofollow付)、サイドバーからの発リンクはOKな無料ブログ
URLに被リンク供給で一定期間、順位不安定になる。新規被リンクの評価が定まると検索順位は以後安定
SEO集客手段、「ヘッドキーワードSEO,テールキーワードSEO」の違い
2012年のSEO対策。最重要の上位表示要因は被リンク、次いでSEO技術。SNSの重要度低し
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK
昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入
2014年も「被リンクの量」がものを言う。被リンク効果実感は量に比例
PR